Stoner M63A ①
f0066308_2133636.jpg


数多くあるアサルトライフルの中でも、米軍が採用しているM16は特に有名な存在です。
f0066308_21351648.jpg

東の代表格をAK-47とするならば、西の代表格に相当するといえるほど有名であり、
そのシルエットだけなら知っているという方もいらっしゃるかと思います。


しかし銃そのものは有名であっても、設計者である
ユージン・ストーナーの存在は意外にも知られていません。

ユージン・ストーナーは、アサルトライフルの可能性を大きく広げた銃器設計者です。
彼は、マシンガンとアサルトライフルを可能な限り統一しようとしました。

戦後の各国軍隊では、基本的にアサルトライフルとマシンガンの2種類を基本装備に部隊を編成しています。
新入社員が研修を受けるように、軍隊では新兵に銃火器の扱いを教育する事になるわけですが、
その際新兵には一通り全ての銃火器が扱えるように教育を施します

ここで一考ですが、自分が銃のことを何も知らない新兵になったと仮定して考えると、
銃火器の基本構造が全て同じである方が、非常にわかりやすいと思いませんか?

「アサルトライフルはガスオペレーションを利用したティルトボルトロッキング方式であるが、マシンガンは反動利用のローラーロッキング方式を使用する」

という銃器を扱うA軍隊と、

「アサルトライフルもマシンガンも、作動方式は基本的に同じである」

というB軍隊、どちらが教育の手間が省けるのかは一目瞭然だと思います。

他にも、アサルトライフルとマシンガンが可能な限り統一されていれば、

・主要部品の共用
・コスト削減
・誤操作の低減


などが期待できます。


そのようなねらいの元にユージン・ストーナーが開発したのが、「ストーナー・M63A ウェポンシステム」です。
f0066308_2217345.jpg

ユージン・ストーナーは、このM63Aを新兵教育の簡略化と武器調達コストの大幅な削減が期待できる
総合的な銃火器として設計しています。
このコンセプトは、近代における銃器設計者達全ての夢でもありました。


しかし、このM63Aはそのコンセプトそのものが仇となり、市場的には失敗に終わります。


次回に続きます。
[PR]
by clan-aaa | 2009-04-06 22:33 | 「小銃少女」 | Comments(0)
<< Stoner M63A ② ストックにみるアサルトライフル >>