Stoner M63A ②
f0066308_304415.jpg


前回では、ストーナーM63Aが

・アサルトライフルとマシンガンの総合的な画一化

を目指し設計された「ウェポン・システム」であるという内容に触れました。

主要な自動小銃をカバーできる万能的能力を持ち、一見すると夢のようなコンセプトの元開発された
ライフルでしたが、最終的にはそのコンセプトそのものが仇となり、成功を収める事が出来ませんでした。

今回は、ストーナーM63Aの驚くべき構造と、
「ウェポンシステム」が失敗に終わった理由について触れたいと思います。

■ストーナー・M63Aの構造

「アサルトライフルとマシンガンの画一化」と聞いても、なかなかピンとこないと思います。
M63Aは、逆転の発想とも言うべき方法によってそれを成し遂げています。

マシンガンとは、一般的なイメージの通り弾をばら撒く事で部隊の進行を援護する兵器です。
ですので、持続的に弾を発射し続ける必要があります。

が、弾を連続発射し続けると、「バレル」(銃身)と呼ばれる弾の通る筒が非常に熱くなります。
マシンガンの射手は、通常スペアのバレルを何本も持ち歩き、熱くなったバレルを交換する事で
持続的に弾を発射し続けます。
f0066308_3305344.jpg
(↑ 濃い部分が「バレル(銃身)」)

この「バレル交換」という作業に、マシンガンの射手は戦闘中頻繁に追われる事になります。
ですが、迅速なバレルの交換作業には、↑図のようなアサルトライフルのスタイルは不向きです。
何故なら、バレルが銃の中部に位置している為、分解に手間がかかるからです。


さて、ストーナーM63Aはこの問題に対してどのように対処したのかというと、
f0066308_3372932.jpg
なんと驚く事に、「レシーバー」と呼ばれる銃のフレームそのものを上下逆さまにすることで、
バレルを銃上部に位置
させているのです。
まさに逆転の発想です。私の知る限りではこのような特徴を持つライフルはM63A以外存在しません。

厳密にはその他の部品もいくつか変更しなければならないのですが、基本原理はこの通りです。
主要部品を上下逆さまにするだけで、

・カービン(アサルトライフルの短縮版)
・アサルトライフル
・マシンガン


に変身する事が出来る、正に夢のようなライフルでした。

しかし、非常に優れた性能を持つストーナーM63Aでしたが、そのコンセプトそのものが仇となり
市場的には失敗に終わります。


■「ウェポン・システム」の泣き所
f0066308_3534733.jpg
(↑ みさき(G3)のウェポンシステムに例えられる「メニューの多い大衆食堂」)

世界的に成功を収めた初期のアサルトライフル「G3」を開発したドイツのHK社にも、
M63Aと同じ名を冠した「ウェポンシステム」と呼ばれる銃器体系が存在します。

しかし、HK社のウェポンシステムのコンセプトは、無理なく共用できる
一部のパーツ群(グリップ・基幹部品の一部等)に限定されたものでした。
ですので、HK社のウェポンシステムは非常に多岐に渡り、サブマシンガン・カービン・アサルトライフル・マシンガン・スナイパーライフルまでをもカバーしています。
その種類は半端ではなく、全てあわせると数百種類に及ぶ「大衆食堂的メニュー」を揃えています。


効率面ではM63Aに分があるのですが、HK社はM63Aのような方法を用いませんでした。
その最たる理由は、

「ストーナーM63Aのようなウェポンシステムは、器用貧乏である」

からに他なりません。

ストーナーM63Aは、カービンからマシンガンにまで変身出来るように、普遍的なサイズに設計されています。
裏を返せば、

「アサルトライフルとしては大きすぎ、マシンガンとしては小さすぎるサイズ」

に設計されているという事になります。
その中途半端な器用さが、逆に弱点となってしまったのです。
大きすぎるアサルトライフルとしてのM63Aは兵士の負担を増大させますし、
小さすぎるマシンガンとしてのM63Aは部品強度に問題が生じる事になります。



残念ながら失敗に潰えたストーナーM63Aでしたが、
そのコンセプトそのものが否定されたわけではありません。
現在では、米軍とドイツ軍がかなり熱心に同様のコンセプトを持つウェポン・システムの研究を継続しています。

ユージン・ストーナーが目指した夢の自動小銃の息吹は、現在でも脈々と受け継がれています。

f0066308_4173833.jpg

[PR]
by clan-aaa | 2009-04-11 07:00 | 「小銃少女」 | Comments(2)
Commented by MDT221WG at 2009-04-13 09:34 x
はじめまして、名前の通りPCモニタのレビューで検索してこのブログにたどり着きました。
レビューの他にどのようなコンテンツがあるかみさせてもらいましたが、小銃を題材にしたコミックをかいているとは・・・おもしろいです!!
最近FPSのゲーム等にはまっていて、小銃について興味があったので勉強にもなります。
これからもがんばってください!!!
Commented by clan-aaa at 2009-04-13 17:35
コメントありがとうございます。
MDT221は自信を持ってオススメできる名機ですので、レビューを参考に是非購入をご検討下さい!

実は私もFPSが大好きです^^
ゲームからでも小銃の知識は学べますが、何かご不明な点や気になっている事がありましたらお気軽にご意見をお寄せ下さい。
今後の創作活動の参考にさせて頂きます。

今後ともよろしくお願いします!
<< メタボ小銃 Stoner M63A ① >>