AR-15の真価
f0066308_1673940.jpg

「SIG516」 元祖AR-15レシーバーを採用したSIGの新製品です。
内部メカニズムなど詳細は不明ですが、ダイレクトインピンジメントではないだろうなと思います。

ついにSIGまでもが本格参戦といった様相です。
SIGはこれまでオリジナルアッセンブリーを多用したSIG556で市場の反応をうかがっていたようですが、
ここにきてついに本家本元仕様を選んだという事は、米国におけるAR-15の絶対的な市場優位性が
それだけ魅力的に映えたのあろうと思います。


AR-15は米国における最大のライフルマーケットです。
国内のみならず、これまでにも多くの有名銃器メーカーがその市場の覇権を争ってきました。
H&KがHK416(上)を出した時は驚きましたが、かつて最大のライバルメーカーであったS&Wまでもが
出した時も驚かされました。


ただ単に模倣しただけではなく、各社ともにオリジナリティを出した性格を全面的にアピールしており、
特に作動機構に関してはAR-15、もといダイレクトインピンジメントに対する
メーカーの見解が伺えるようで興味深いです。


いい物だから売れるのかというと、私は銃としての性能はあまり関係ないと思います。
端的に言えば、アメリカを象徴するライフルであるからに他なりません。
欧州市場じゃそれほど人気が無いのもその証左です。


話変わって、「AKとM16はどちらが優秀か」という、銃器界における有名な議論があります。
私はAKが優れていると思います。それも圧倒的にです。
両者の長所・短所を踏まえてきた上での持論として、AKが世界一優秀だと思っています。


銃は私のようなマニアや、専門家が評価を下すための工業製品ではありません。
権力も力も無く、どうしようも立ち行かなくなった人々が立ち上がるための
ウルティマ・ラティオ(武力による最終手段)です。


例えば、200m先に立っている人間に弾を当てると仮定して下さい。
当てる自信もなければ、当てられない方が大半だと思います。
ライフル射撃で国体に出場した私でも当てる自信は皆無です。


そして、銃はそうした人々が使う為に存在します。
ゴリラみたいな軍人だけが使うものではありません。
ですので、針穴を通すような命中精度が必要だとは思いません。


そうした判断基準で、どんな銃が優秀なのかを思案すれば、
答えは自ずと出てくると思います。
[PR]
by clan-aaa | 2009-09-22 17:22 | ミリタリー | Comments(3)
Commented by たかさん at 2009-09-22 21:32 x
私も、今のところではAKシリーズが世界一だとおもっています。
作動性、整備製、生産性などは文句のつけようがないですからね。
あと、AR-15なんですがM16A2などの長い銃身をもつモデルで銃剣をつけて激しい白兵戦をしたら銃身などにダメージが入るような、気がするのですがどうなんでしょうか?(曲がったりはしないと思いますが・・)
Commented by at 2009-09-23 11:13 x
こんにちは、毎度楽しみにさせて頂いております。

今回の記事はとても心に残りました。

AKとM16のどちらが優れているか、それは自分もAKだと思います

まず、人を殺すだけなら銃を使う必要すらありません
何が優れているか、それは武器ではなく道具として見ることです。

M16が400m先でも十分な命中精度があっても、それを活かせなければタダのガラクタです。

しかし、正規の軍隊では無い人たちにとってみれば100m先の物体へ銃弾を命中させるとしても、もの凄い距離だと思います。

それならばAKを使うべきでしょう、わざわざ高い金払って精度の良い銃よりも安くて大量に買える武器を調達すべきですから。

これはAKに限った話ではなく、火縄銃でも根拠は同じです
その点で見れば、言うまでもなくAKが優れています。

それだけを突き詰めれば、ボルトアクションのほうが優れているかもしれませんが、総合的に見れば、AKが世界一かもしれませんね。

Commented by clan-aaa at 2009-09-23 17:22
>たかさん

コメントありがとうございます。
ご指摘のように、着剣状態で過度のストレスを与えると、銃身は歪んでしまいます。
今でも銃剣術は軍隊での必須教練の一つですが、その際には銃剣格闘用の教練銃を使用します。
ですが、大抵のアサルトライフルはバヨネット・ラグ(銃剣を取り付ける為の出っ張り)
が銃身に直接付いておらず、フロントサイトベースやガスバイパス下部に付いているので、
それほど過度の負担をかけない限り極端な歪み方はしないように設計されています。


>翔さん

コメントありがとうございます。
特にこの専門分野というのは、狭い視野でしか評価が下せなかったり、
数字やデータだけで物事を語る風潮がとても多いように感じています。
翔さんがおっしゃるように、400m先の空き缶に確実に当てられるとしても
それが活かせなければただのオーバーエンジニアです。
実際に経験した事もなく、地に足が着いていない意見を撒き散らす前に、
現状を客観的に見つめれば、答えは確実に見えてくると思います。
貴重なご意見ありがとうございました。
<< 短期集中連載 ”―14番目の少... ネックダウンの話 >>