GPMG東の横綱 "PKM"
1月29日:記事中の画像について削除申請がございました
記事中の画像について無断転載であるとのご指摘がございました。
自身の軽率さゆえ関係者にご迷惑をおかけすることになったことをお詫び致します。
申し訳ありませんでした。

f0066308_741094.jpg
ローラがなんか鼻につきますけど、ちゃんと理由あっての事です。
何でカメラの話に食って掛かったか…カメラじゃなくてもいいんですけど…
毎度の事ながら面倒くさい漫画ですいません。。。


さて、今回はソ連を代表するGPMG
「PKM」のお話です。


■世界一の機関銃
PKMの話をしようと思ったのですが、特に書くことがありません。
実はこれこそ、PKM一番の特徴であり、長所でもあります。


話変わって、皆さんは「世界一の銃」と聞いて、何を思うでしょうか。
色々あると思いますが、私は「工業製品としての優秀さ」すなわち「生産数と市場評価」をメインとした
相乗積ではかるべきだと思います、
が、これではあまりにも具体性にかけてきます。
f0066308_930973.jpg
では、「世界一銃を作るのが上手な国は?」となると、これはドイツ、僅差でアメリカだと思います。
両国ともに豊富な経験から優れた銃を数々生み出してきました。


でも、「世界一軍用銃を作るのが上手な国は?」となると、これはソ連だと思います。
私個人の考えでは、アメリカもドイツも、軍用銃ではソ連に及んでいません。


ソ連の銃は、アメリカのように浮ついたつくりでもなく、ドイツのような気難しさもありません
ただそこにあるのは、地球上どんな状況下でも、弾を装填すれば確実に作動する安心感だけです。


私はかつて、AKを「きわめて完成度の高い、いいとこ取り」だと表現しました。
特筆すべき画期的メカニズムも無く、それまで使い古された技術を寄せ集めたものです。
しかし、そうして完成した何の変哲も無い銃は、今では世界中で1億丁が氾濫しています。


PKMもまた、そうして完成されたソ連製銃器の傑作です。
設計者はミハイル・カラシニコフ。AKを生んだあの銃器設計者です。

PKMには、このブログの読者の方には説明するまでも無い
オーソドックスな閉鎖機構と作動機構が搭載されています。
技術の粋を集めた目新しいメカニズムなど、何一つありません。


ただ一つあげるなら、使用弾薬の7.62×54mmR弾が、薬きょう底の「ふち」が飛び出した
タイプ(リムドケース)を使用するため、装填過程が若干複雑になっています。
それでも、米調査機関に「リムドケースでなければ、世界最高の機関銃だ」とまで言わしめたのは、
PKMが「枯れた技術」の寄せ集めであるからに他なりません。


ドイツが半世紀かけて追い続けた反動利用方式も、
アメリカが意地になって採用を続けるダイレクト・インピンジメントも、
結局この「枯れた技術」に勝つことは出来ませんでした。


戦場が出す答えは、殺伐で、わかりやすいものです。
どんなに理論上優れていようが、それが正解とは限らない。

これが、軍用銃のおもしろいところですね。
f0066308_9295171.jpg


次回は、メイドインジャパンGPMG「62式機関銃」を取り上げる予定です。
[PR]
by clan-aaa | 2009-11-26 07:00 | 「小銃少女」 | Comments(12)
Commented by たかさん at 2009-11-26 17:56 x
こんなカメラもあるんですね、私はカメラにはあまり詳しくないので知りませんでした面白いですね。
個人的にはソ連の銃や兵器ってめちゃくちゃ頑丈なイメージがありますね。
今、PKMの電動ガンを自作しているんですがレシーバーのあたりを作るのが大変ですね強度も必要なところなので
Commented by clan-aaa at 2009-11-27 09:52
フルスクラッチPKMという事でしょうか、素晴らしいです。
生憎と私にはそんな技術が無いので、そういう事が出来る方はとても尊敬します。
完成の折には是非声をかけてくださいね。頑張って下さい!
Commented by tieren at 2009-11-29 01:14 x
3コマ目からの展開でエリア88を思い出しましたw
PKMの分解・結合動画をYoutubeで見ましたが、ソ連製機関銃でかつリムドケース使用でありながら驚くほどシンプルで、さすがはカラシニコフ氏による設計だと感心しました。
Commented by 標的うさぎ at 2009-11-29 02:15 x
おお、カメラが出てきた!
ゾルキー、ゼニット、キエフくらいなら少しは分かります。
カメラに関しては、2次大戦後、ドイツから技術や技術者を持っていった事で、大きく技術力がアップしたと聞きますが。

近年はそうでもないのでしょうが、AKやPKMは木ストが奇麗で好きです。可愛い銃だと思うのですが、世界中の紛争地帯とかで活躍するところを見ると、どうにも複雑な心境です。確かに武器としては大成功なのでしょうが。




Commented by くろと at 2009-11-29 20:38 x
PKMはAKをひっくり返した構造と昔読んだことがあります
 
なんだかんだでロシア製は精度よりも操作性と動作の安定性を優先したんですね
当時に採用した軍幹部も凄いですね
現在ではアフリカでまで使われているんですから・・・
Commented by clan-aaa at 2009-11-30 01:29
>tierenさん

エリア88存じませんでした。。。これすごい数の兵器が出てくるんですね。

キャンバスベルトを使用する古いタイプの機関銃も同様に、リムドケースを
一度引き抜いてから給弾するのですが、カラシニコフ氏はその古い技術を
簡素にアレンジして搭載しているあたりは、流石だと感じさせますね。


>標的うさぎさん

カメラにお詳しいようで^^私はあまりつっこまれるとボロが出ちゃいますが。。。
仰るとおりソ連光学機器の軌跡はドイツの技術者なくして成しえなかった
部分が大いにあると思います。銃器も然りです。

ソ連銃器の成功は共産時代の無理強いもあって、手放しに褒められた
ものではないというのは同感です。
かわりにそのツケもだいぶ回ってきているのは皮肉なものですね。


>くろとさん

仰るとおりPKMはAKを逆さまにしたもので、簡素ながらも相変わらずの
タフさがウリになっています。
ロシアは兵器の役割をきちんと理解したうえでの機能美が多く、
戦車なんかでもドイツに次いでファンが多いですよね。
Commented by 小隊長 at 2010-01-29 23:35 x
おや?どこかで見た画像が使われている…?

>某銃器評論家に「リムドケースでなければ、世界最高の機関銃だ」とまで言わしめたのは、

えー?
設計思想も開発経緯も理解していないその馬鹿はどこの誰でしょ?w というか、リムドでこれやっちゃう所が凄いんでしょうに。で、リムドがダメな理由って何でしょうか?

>PKMが「枯れた技術」の寄せ集めであるからに他なりません。

>仰るとおりPKMはAKを逆さまにしたもので

意味不明。カラシニコフ爺さんに謝れw
Commented by 小隊長 at 2010-01-30 01:25 x
ネタのエントリにさせて頂きましたwww

ttp://a-odagiri.seesaa.net/article/139733989.html
Commented by 小隊長 at 2010-01-30 03:09 x
>1月29日:記事中の画像について削除申請がございました。
自身の軽率さゆえ関係者にご迷惑をおかけすることになったことをお詫び致します。
申し訳ありませんでした。

おやおや?
私は削除申請などしておりませんが?何を勘違いしているのやらw
Commented by 小隊長 at 2010-01-30 20:25 x
>1月29日:記事中の画像について削除申請がございました。
記事中の画像について無断転載であるとのご指摘がございました。
自身の軽率さゆえ関係者にご迷惑をおかけすることになったことをお詫び致します。
申し訳ありませんでした。

あのね、そういうことを言ってるんじゃないんですよ。わかってないなあ。で、「関係者」って誰ですか?私以外に誰が居るのでしょうか?

それから、こちらのコメントは無視ですか?私の所でも質問には一切レスしない癖に、逆にメールで身勝手な質問をぶつけてくるのは厚かましいと思いますがね。そんなわけで、まずは私の質問に答えて下さいね。
Commented at 2010-02-15 23:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2016-08-23 21:25 x
面倒な人に絡まれましたね。
韓国がどうのこうの言い出す人は全員ろくな奴じゃありません。私も含めて。
無視されたのは懸命な判断ですよ
<< 国産GPMG "62... 現代機関銃の雄 MG3② >>