お蔵入りさせた最終回「小銃少女最期の日」
私は終わりを決めてから物事を始める性分なのですが、
このブログ、小銃少女も始めた当初もその最期はコレだと
心に決めていた題材がありました。


以前にもお話したとおり、結果として予定通りの終結は達成出来なかった為、
「OPERATION GUNGIRL」を以ってしてその目的を果たそうとしているのですが、
同作は当初決めていた「最期の題材」ではなく、「最期の総括」として製作している作品です。


今回は、小銃少女の更新を開始した当初から構想、準備していた作品
「RIFLE MODEL ZERO」(2009年)をご覧頂きたいと思います。
まあーそのーOPERATION GUNGIRLの更新が間に合わないので場つなぎなんですけどね。


自分の言うのも大げさな話ですが、この作品こそが本当の、幻の最終回であり、
「14番目の少女」に次いで取り組んだ短編作です。
しかし大変恐縮なのですが、実は途中までしかペン入れしておらず、
トーンは未処理でネーム時の手書きセリフをそのまま使った中途半端な仕上がりになっています。
この製作頓挫にはもちろん件の不祥事も関係しておりますが、また別の「とある理由」によって
お蔵入りとした背景がございます。


グダグダ言い訳するも何なので、とりあえずご覧下さい。
当初、全4話予定だったものから前半2話を掲載致します。

f0066308_10295741.jpg
f0066308_10295723.jpg
f0066308_10295730.jpg
f0066308_10295852.jpg
f0066308_10295786.jpg
f0066308_10322920.jpg
f0066308_10323013.jpg
f0066308_10325743.jpg
f0066308_10325862.jpg
f0066308_10325890.jpg
f0066308_10325810.jpg
f0066308_10325873.jpg
f0066308_10344598.jpg
f0066308_10344623.jpg
f0066308_10344638.jpg
f0066308_10344652.jpg
f0066308_10344729.jpg
f0066308_10352289.jpg
f0066308_10352266.jpg
f0066308_10360072.jpg
f0066308_10360169.jpg
f0066308_10360170.jpg
f0066308_10360100.jpg
f0066308_10360205.jpg
途中までとなりましたが、いかがでしたでしょうか。
この後のストーリーを大まかに申し上げますと、

・サシで撃ち合うひとむとゼロ。しかし全く歯が立たないひとむ
 「いや強すぎるわあのチート武器…こうなりゃ銃に当ててやる!」


・光線銃の機関部は放射性物質を用いたプチ核兵器構造。
 そこにうまい具合に命中し大爆発、右腕が吹き飛ぶゼロ。
 勝利したひとむは瀕死のゼロに歩み寄る。


・ゼロ「実は私、みんなともっと仲良くしたかったの。ぶっちゃけちちくりあいたかったの」
 ひとむ「それなら始めから言えよ、ぶっちゃけ私も自分と似たお前が大好きだよ」
 ようやく理解しあえた二人。愛の営みを始める。なんでやねん。


・ゼロの股をまさぐるひとむ「ん、なんか入ってる…これは!銃弾!」
 何と恥部に5.56mmNATO弾を忍ばせていたゼロ。
(「OPERATION GUNGIRL」に登場する「コアブレット」の原型となりました)


・弾をM16に装填し、「ひと思いに逝かせて…」とM16の銃口を咥えだすゼロ。
 涙ながらにトリガーを引くひとむ。ゼロ死亡。嗚咽するひとむ。 


・小銃少女のみんな「撃合いの結果どうなったかな。まあアイツはまだ早すぎよね。でも私達にとって代わる日は近いわな…」
 おわり

f0066308_10382246.jpg
よーわからん陰鬱な内容はさておき、この機関部爆発のシークエンスにおいて、光線銃のパワーソースである
放射性物質が辺り一面を汚染するという描写が盛り込まれておりました。
ストーリーを考案した2009年当時は特に問題視していなかったのですが、
あの3月11日を経た今となっては、製作続行への葛藤、抵抗を感じる自身の心境があります。
そういった経緯から、同作は製作半ばにしてボツとしたというのが「とある理由」の顛末です。


この記事を書いている最中も、改めて何度も読み返していますが、
ペンのタッチなんか今と大分違う辺りと小恥ずかしい感じがしてムズムズしますね。
まあ、こんな事も考えてたんだなーとかるーい気持ちで読んで頂ければ幸いです。

f0066308_10382453.jpg
この題材を最期に取り上げようとしたのは、
ショルダーウェポンの目的を果たす次世代の代替兵器は一体どんな形で自動小銃に近づいてくるのか、
という点を描きたかったのです。


私は今でも自動小銃が戦場で圧倒的な存在感を見せ付けている現状を不思議に思うことがあります。
そして、かつてあれほど世界中に浸透していた弓矢がマスケットに、マスケットがライフルに取って代わられたように、
自動小銃もいずれその終わりを、必要とされなくなる時代がやってくるのだろうと考えると、
レーザーライフルという題材ほど小銃少女の最終回にふさわしいものは無いと思っていたのです。


ちなみに、LRSのモデルとなったのは実在する航空機設計会社STAVATTI社の
レーザーライフルコンセプトモデル「TIS-1」です。
「STAVATTI TIS-1」なんかで検索すると色々資料が出てきますので、
ご興味のある方は調べてみて下さい。 

[PR]
by clan-aaa | 2014-02-24 12:00 | 「小銃少女」 | Comments(2)
Commented by ハイドラ at 2014-02-24 13:55 x
どうもご無沙汰してます、ハイドラです。
年末のトライアルの返答ありがとうございました、いつかマルイのやつ買ってみようかと思います。

 LRSのデザインモデルはステアーG22を本体に、ハンドガートとスコープはIWIタボールといったところでしょうか。
 しっかしレーザーライフル、もはやFalloutやスターウォーズのようなSF・・・ってスターウォーズが制作された年代からすれば今現在も十分SFに見えるんでしょうかね、しかもLRSの「動力源は核」や、このデザインセンスからこれでもかと80年代臭が漂ってくるような・・・・・
Commented by clan-aaa at 2014-03-02 07:05
>ハイドラ 様

コメントありがとうございます。
P226に是非とも傾いて頂けることを密かに願っております^^

いやーしかし鋭いご指摘誠に恐縮です。。。
確かに80年代のかほりが漂ってきますね(笑
軍上層部の抵抗なんかも想定されるでしょうからなるべく保守的なデザインで
まとめたのですが、デザインバランスの難しさを思い知らされました。
<< FN FAL "西の... 失敗作”62式機関銃”を使い続... >>