五六式小銃 "不死身のドラゴン"
f0066308_15193069.gif

第5話の作中でコロちゃんが「ベトナムで~」とか
「ハノイで米軍に~」などと話すシーンがありました。

M14と56式(もといAK)、両者はほぼ時期を同じくして誕生した
アサルトライフルであり、激しく銃口を向け合った関係でもあります。
特にM14にとって、56式をはじめとしたAKファミリーは
自身を断頭台へと追いやった深い因縁があります。

f0066308_15322666.jpg
その舞台となったのがベトナム戦争であり、
M14にとって、AKファミリーの存在というのは
それはそれは色々と思うところがあるわけです。
そして、ベトナム戦争において中共が支援した北ベトナム軍の
主力装備の中には、大量の56式が存在していました。


ことベトナムのジャングル戦においては、
重厚長大なM14でサーチアンドデストロイに苦労する米軍に対して、
軽快なAKでヒットアンドアウェイを繰り返すベトコンがいかに有利な状況であったのかは
言うまでもありません。

f0066308_15323071.jpg
ところでこの56式、バヨネットが付いている不利は承知の上でも、
数あるAKファミリーの中で「一番重たいモデル」だと私は認識しています。


56式(中国) 4,150g
タブク(イラク) 3,995g
MPi-K(旧東独) 3,900g
RKm62(フィンランド) 3,900g
AK-47(旧ソ連) 3,840g
M70(旧ユーゴ) 3,700g
AIM(ルーマニア) 3,700g
AMD-63(ハンガリー) 3,125g


(ライフルグレネードランチャー付きの旧ユーゴ製M70B1が4.2kgぐらいあるんですが無視してあげて下さい)


銃というのは重くするのはカンタンですが軽くするのはとーっても大変です。
例えばM16ライフルはその当時、樹脂やアルミ合金といった
材質面の恩恵を受けた「軽さ」の面で革新的だと持てはやされていました。
ベースモデルのM16は3,000g、確かにこれよりも軽量なフルサイズのアサルトライフルはちょっと思いつきません。


これには相当苦労したのでしょう、M16設計者のユージンスートナーが晩年
「M16A2はひどいよね、あんな重い銃つくった覚えは無いんですけど。
どんだけ苦労してM16を軽くしたと思ってんだよ。」
と米軍によるM16への”改悪”をボヤいていた記事を見たことがあります。

f0066308_15373157.jpg
話がだいぶ逸れましたが、イラスト説明中で触れている
シートメタルのコンマ5ミリの厚みというのはかなり大きな差です。
しかもこれが強度に直結するわけではありません。
材料費にも悪く反映されるでしょう。
こうした金属加工技術の諸条件も重量増加につながっているものと思われます。

f0066308_15213096.jpg
あ、あと最後にどーでもいい話ですが、
コロちゃんにはブルース・リー主演「燃えよドラゴン」の影響がちょっとあります。
義手っぽいとことか、ほっぺの切り傷とか。
さすがに「アタァ!!」とは叫ばないですけど。
「あ゛だぁ゛ぁぁぁ!!!」とは叫んでましたね。

f0066308_15212498.jpg
おまけ。初期の案。
最初はもっとギャルっぽい感じで考えていました。

[PR]
by clan-aaa | 2014-06-11 17:00 | 「小銃少女」 | Comments(2)
Commented by K.K at 2014-06-18 15:17 x
何気なくネットサーフィンしてたら、検索結果の一覧にたまたま「小銃少女」の文字を見つけました。そういや終わっちゃったんだよな~~と思いつつ開いてみたら、なんと再開してる! 気付くの遅すぎですね……
これからも更新がんばってくださいね!
Commented by clan-aaa at 2014-06-19 01:04
いえいえこちらこそ再開遅すぎて申し訳ないです、、、、
あいてしまった分頑張って参りますので
よろしくお願い致します。。
<< G36は当たらない?命中精度不... "OPERATION... >>