カテゴリ:その他( 6 )
最後に ―読者の皆様へ
ブログの最後に何を書こうかなと色々考えたのですが、
私がここに戻ってきた経緯を含めたろくなオチも無い身の丈話となりますので
何卒よろしくお願いします。


【銃と現実】


私のペンネーム「IRAKA」は、井上靖の歴史小説「天平の甍(いらか)」から拝借させて頂いたものです。
同作は、唐の高僧である鑑真を来日させるべく、奈良の修行僧達が奮闘する姿を描いた
歴史小説なのですが、私はその内容を通じて「人生の使い方」にいたく感銘を受けた記憶があります。


この作品を読んだ当時、私は勉強も出来なければ運動もまるで苦手な出来損ないの学生でしたが、
そんな劣等感を忘れる事が出来る唯一の時間が、大好きな銃器の世界に没頭することでした。

f0066308_19133395.jpg



これは私が小学生の頃にガチャポンで当てた、キャップ火薬を入れてパンパン鳴らすおもちゃです。
当時のガチャポンなんて表の広告にある当たりなんてものは入っているかどうかすら
怪しいくらいデタラメな中身でしたが、どういうわけか一回で当たったのです。
記憶している限り、私が銃に興味を抱くきっかけとなった原初体験でした。


f0066308_01462433.jpg


これが当たった瞬間とか、初めて火薬をつめて鳴らしたときの恍惚ですとか、今でも鮮明に覚えています。
あのときこれが当たってなければ、こんなブログは書いていなかったかもしれないと思うくらい、
私にとってこの鉄屑は人生を変えた宝物です。


ですが銃を好きになればなるほど、あるひとつの現実に直面します。
それは日本という国において、自分の理想とする形で銃器に直接携わる事が極めて困難であるという事。
受動的に消費する形でしか、銃器の世界に留まる事ができないという事。
そしてとうとう、その現実と戦わなければならない、
大学の就職活動の時期を迎えます。


【「小銃少女」と自暴自棄】


f0066308_15143697.jpg


何とか銃器に関わる仕事に就けないかと、色々と自分なりに行動した結果、
この国では数少ない、銃器製造を行う某社の面接にこぎつけたのですが、
その面接が行われる直前になって、同社から同年度の新卒採用は見送るとの連絡が
届きました。丁度リーマンショックの翌年の出来事でした。




f0066308_01491213.jpg


なんというか、なんじゃそりゃ!みたいな呆気にとられてしまいました。
リーマンショックを恨む訳ではありませんが、あと一年早かったら
違った人生になっていたのかもと思うと、何だか自暴自棄になってしまったのです。
「夢見てるご時勢じゃないな」と気持ちを入れ替え、その後何とか商社の内定を得たものの、
やりきれない気持ちのやり場を、卒業までに何とか発散しようと選んだ方法が、
小銃少女という作品を描く事でした。

f0066308_19112654.jpg
(↑一番最初に描いた二人)

ですから本当に、社会人になるまでの時限付で辞めようと、
そう心に決めてから更新を始めました。
それからの事は皆様もご承知の通り、私の無断転載が元となり、
更新を身勝手にも止めてしまいました。


私はあのときどうすればよいのかわからなくなっていました。
ブログを更新困難な状況にしてしまい、
銃器と携わる仕事に就くことも出来ずにいたあのときの私に
次の一歩を踏み出す余裕は無かった様に思います。
こうして社会人になった後も、自分へ言い訳をしながらブログから目を背けていたのですが、
予想だにできないある出来事が私の視線を変化させました。


【気づかなかった、ふたつの存在】

f0066308_01433269.jpg


それは私が気づいていなかった、読者の皆様でした。
それまで作品を発信し続けていた中でも気づく事ができなかった、
本当にたくさんの方々の存在、そしてそうした方々から頂いた
たくさんのご意見、お叱り、ご声援こそ、先日完結させた103ページの原動力に他なりません。



f0066308_01524687.jpg


そして、もしかすると私のやりたかった、なりたかった、
銃器に携わる「理想的な形」というのは、
意外にもすぐそこに存在するのではないかと考えるようになりました。
ですが私は以前からもぼやいているように、本当に遅筆です。
仕事の傍ら創作活動に勤しんでおられる方は大勢いらっしゃいますが、
私にそのような器用な真似は出来ませんでした。



f0066308_01433260.jpg


しかし、今の生活を全て投げ出す勇気は、そう簡単に起きるものではありません。
サラリーマンは私が思っていたよりも、ずっと快適で、何よりも磐石です。
不本意な就職とはいえ、私にはその仕事内容、待遇、人間関係において
幸運にも何ら不満はありませんでした。



f0066308_01433221.jpg


このまま惰性に身を任せて、目を背け続ける感覚が無意識になるのを選ぶのか。
今の生活と引き換えに、もう一度ペンを握るのか、
どちらかを選ぶ事ができる思考判断も、そうそう長く維持することは出来なくなるでしょう。
入社以来そうした自問自答を繰り返すこと3年目、私は自らの意思で決断を下します。


【全てと引き換えに】


入社から3年目の春、私は会社を退職しました。
全てはもう一度ペンを握って、あの日から今日に至るまで、
私を支援して下さった皆さんに対して真っ直ぐ目を合わせられるように、
そして何よりも、世間や境遇に言い訳ができないよう、
自分の人生の使い方を本当に自分の意思で決断した結果です。



f0066308_01433210.jpg


しかし、このような行動は自分を適当に言いくるめて社会から逃げてきただけであって、
傍から見れば、もっと他にやり方はあったのでしょうし、あまりにも早計で、世間知らずで、
甘えた自意識が愚かしく目に余ると思います。

それでも未完のままで放置してしまった小銃少女から逃げ出すほうが、
私には耐えられませんし、今まで応援して下さった方が喜んで頂けるのであれば
このまま野垂れ死んでも何の後悔もありません。


f0066308_14473826.jpg


なんだか重たい話になっちゃいましたが、
60億人もいる地球の中に、一人くらいこんなバカがいても良いんじゃないの?
くらいのかるーい話で受け止めていただければ幸いです。


【「衣・食・銃」あっての人生】


それで、先日の更新の最後に、「小銃少女は”一旦”幕引き」とさせて頂いたのですが、
これは私の中で、もっとちゃんとした体を成した媒体において、パワーアップさせて
是非皆さんの目に届くような存在にしたいなという願望がある為に、
このような曖昧な表現をさせて頂きました。


f0066308_01431950.jpg


これは小銃少女という作品にこだわることなく、
また様々な舞台やテーマをもって、私の考える銃器の世界を
広げる事を第一に、今後努力を続けていきたいという意思の表れでもあります。
とはいえそれがいつになるのか、どこでやるのかなんて全然見当すら付けられない現状なのですが、
またお目にかかる機会があれば、どうかその時は是非ともご贔屓にして頂ければ嬉しく思います。


ブログの更新は今回が最後となります。
もし何かご意見等ございましたらコメント欄でも結構ですが、
メールだと確実に届くと思います。


重ねて、古くは8年前から今日に至るまでの長きに渡り、
多くの読者の皆様からご支援・ご声援を賜りましたことを深く御礼申し上げます。
天平の甍の如く、人生の使い方を私に考えさせるきっかけをつくって下さった
皆様からのご恩は絶対に忘れません。
何年かかるかわかりませんが、一生懸命頑張ります。
皆さんも、どうかお元気で。




f0066308_14352730.jpg

[PR]
by clan-aaa | 2014-12-17 21:00 | その他 | Comments(12)
ちょっとお出かけしてました
f0066308_12001316.jpg
結構間が空きました、漫画をお待ち頂いている方々には大変申し訳ありません。

ちょっと1ヶ月ばかりアメリカへ取材、なんてカッコいい言い方したら恥ずかしい感じですが、
色々と調べ物をして参りました。
先日帰国したばかりなのですが、ウエストの天ざるうどん(福岡ローカルですいません…)が
あんなに美味しく感じたのは初めてでした。やはりハンバーガーで生きていくのはちょっと堪えます。


銃に関して自分の中でどうしても疑問だった事ですとか、
思い込んでいた事が色々と覆された貴重な体験は掛け替えがなく、
銃器に興味があるものとしてもう少し早く行くべき国だったと思いました。
もうしばらく行く事はないであろうと思い、小さいものから大きいものまで、
有名無名問わずかなりの銃器と戯れて参りましたが、
その端々の瞬間をただひたすらに幸せだと感じられた事は、自分が銃器が好きだという、
この思いだけは揺ぎ無く、改めて再認識できた様に感じます。



話したいことは山ほどあるのですが、無駄口叩く暇があったら
さっさと続きを描けという声が何処からか聞こえて参りますので、
銃をペンに持ち替えてとっとと作業に戻ります。
ホントお待たせして申し訳ありません。
この話の続きはまたどこかで時間をつなぎたい時にでもさせて頂こうかと思います。

[PR]
by clan-aaa | 2014-10-03 12:31 | その他 | Comments(2)
バイクの話
f0066308_524243.jpg


今回は銃と全然関係ございません。
お休みしていた3年間、バイクで遊んでいたときのお話です。

銃が好きな方は車やバイクに造詣の深い方が多く(逆も然り)、
かくいう私もバイクが大好きな人間の一人です。

ミニバイクを除いて、私のバイク遍歴一台目となったのは
アプリリアのRS250(↑写真の前期型)でした。
記念すべき初バイクであった事も大きいのですが、このマシンは
私の脳髄にバイクの快楽をこれでもかと感じさせる官能性に溢れていて、
バイクに対する私の価値観を決定付けた一台となりました。

RS250は2スト250レプリカとしては世界最後の発売となったモデルで、
もっぱら高回転域でしか遊べない等々の不満はあったのですが、
ひとたびパワーバンドに入ると内臓がグッ!っと下がるような鋭い加速が魅力の
本当に本当に楽しい一台でした。でした。でした。


…えとですね、実はもう手元にありません。
とある事故によってお亡くなりになりました。とっても悲しいです。
高速道路での出来事だったのですが、どうすれば生きて帰れるのだろうと
普段使わない脳内回路を活動させたのはあれが最初で最後でありたいと、
そう思わせる出来事でした。おぉぉ。。。ぉぉ。。。。

f0066308_531894.jpg

気持ち新たに次は何乗ろうかなー♪と色々考えた結果、記念すべき2台目となったのは
カワサキKZ1000Police(↑写真)です。これはちゃんと今も生きてますよ!

小学生の頃に見たターミネーター2でT-1000が乗っているのを見て
とても憧れていたのですが、どこに売ってるんだろうと探した結果
アメリカはロサンゼルスから業者を通じて輸入しました。
ちなみに代行業者さんはよく選んだほうがいいです。
私のところは対応が悪く、契約から一年近く待たされました。
(もしご興味ある方はご連絡下さい。ちゃんとした業者さんをご紹介致します。)


KZ1000Pは先代のC1型から数えれば30年以上アメリカのモーターポリス(所謂白バイ隊)に
広く採用されてきた名機で、KZ1000Pは民生モデルだとZ1000Jの直系にあたります。
私のマシンはカワサキアメリカのリンカーン工場で製造された97年モデルで、
実際にロサンゼルス市警の交通課で使用されていたものの払い下げ品です。
昨今BMWやホンダの採用が増えていますが、未だに現役で活躍している州が多いのも
高い性能と見かけ以上の機敏性が未だに根強く評価されているのだと思います。


とはいえ専用の強化フレームと装備等々で総重量300kg近いネイキッド(ツアラーになるのかな?)
なので非力な日本人の私には取り回しに困る事もあり、何より目立って仕方ない点は否めませんが、
空冷四発独特のぶわぁっとしたレスポンスや鼓動感は飽きが来ず、
また白バイらしい低速~中速域のぶっといトルクの恩恵もあって街乗りはRS250よりも楽しく感じます。
大きなフロントカウルのお陰で高速もラクラクですし、サイド&センターボックスには
荷物もいっぱい入るのでお買い物にも便利です。
いやこれでジャスコとか行くなよというお叱りは受け止めます。


RS250との悲しい別れこそありましたが、T-1000への憧れが叶ったように思います。
やっぱりバイクはたーのしーなー♪
f0066308_535551.jpg

[PR]
by clan-aaa | 2013-12-13 18:00 | その他 | Comments(6)
艦これと擬人化
f0066308_3563133.jpg


【兵器を興味を持つということ】

「兵器と少女」というコンテンツで今年ダントツ人気だった艦これですが、
私自身プレイこそしていないものの、知人がやっているのを見る限り
キャラクターデザインの完成度は唸るものがありました。
イラストの足柄なんて、妙齢の女性で「飢えた狼」を表現する辺り面白いですね。
こうした擬人化コンテンツが年月を重ねるたびに風化するどころか
未だにその存在感を放っている事に対して一種の安堵すら覚えます。


その一方で、兵器のこうした「安易」(この表現は悪しからず...)
な表現に対する異議も少なからず存在しています。
人殺しの道具に対して、こうした形でアプローチする事に
一種の嫌悪感を抱いておられる方から、私自身何度か意見を頂戴した事があります。


「13歳のハローワーク」という本をご存知でしょうか、
私が中学生の時にちょっとした話題となりまして、
図書室でちらーっと流し読みをした程度なので記憶は曖昧なのですが、
「モデルガン製造」という項目に目を通した際、その説明書きに
とてつもない怒りを覚えた事だけははっきりと記憶しています。


記憶の限り、かいつまんで同箇所を要約すると、


・武器や兵器に興味を持つのは子供だけ
・人殺しの道具に興味を持つこと自体頭おかしい



ちょっと思い出補正入ってるかな?(笑)
当然この憤りには当時の私自身がそれだけ銃器に対してのめりこんでいた事も
関係していると思いますが、
多様な好奇心に対して偏向的な視線を向けながら、「好きな事を仕事にしよう」
と謳う著者の考えにどうしても納得が行かなかったのです。


【兵器が持つ魅力の正体】

兵器は純然たる殺傷道具です。
その当時、毒物内包が噂されたほど人体に苦痛を与えるソ連製の7N6弾(5.45×39)
が良い例で、特に弾薬に関してはいかに効率よく生物を殺傷できるかを突き詰めた研究成果の結晶です。


良い銃とは、よく当たる銃でもよく動く銃でもなく、効率よく苦痛を与える事が出来る銃であり、
悪い銃とは、当たらない銃でも動かない銃でもなく、誰も殺せない銃なのです。



ですがそんな残忍性の具現体であっても、人は関心を失う事がありません。
それは人類が、有史以前から培ってきた獲物を仕留める道具としての完成度を
追い詰めてきた狩猟本能、利器を扱う動物としての人間の本質が生み出した必然であって、
決して病理的な猟奇の深淵から這い出て来た酔狂ではないのです。


しかし、文明の発達に伴い狩りはおろか血を交えた闘争から距離をとり続けた結果、
現代人にとっての兵器の魅力はデザインや数値上のスペックとなってしまいましたが、
鯨油で何度もバフ掛けされたオールドコルト1911のファイヤーブルーや
ネジを用いずパズルのように組み合わされたルガーP08の機能美に惹かれる根底にも
両者が持つ武器としての、殺傷道具としての完成度が確かに存在しています。
従って人間は、人殺しの道具というくくりに留まらず、殺生に関わる手段や事象に対して
関心が薄れる事はあっても、無くしてしまう事はないのです。


【「風立ちぬ」が目を背けたゼロ戦の本質】

今年の夏に「風立ちぬ」を鑑賞しました。
私の中で宮崎監督作品の一番と言ってもいいくらい素晴らしい内容でしたが、
一点だけどうしても腑に落ちませんでした。
それは堀越技師がゼロ戦設計の過程において、全く血の匂いを感じさせなかった点です。


ゼロ戦はエリコン20mmを搭載している点等からも、列強各国の攻撃機と比較すれば
重武装だと評価できるにも関わらず、作中ではただ漠然とヒューマニズムの延長に存在していました。
これでは沈頭鋲や超々ジュラルミンの描写に見られる同機の肉薄した軽量設計が
人命軽視の矛盾をはらんではいないかと、疑問に思えたのです。


兵器に対する好奇心を様々な形で消化する事は決して異質ではありませんが、
その存在動機が「殺生ありき」である点は絶対に見過ごせません。
ゼロ戦は効率よく敵機を排除する為に生み出された道具であり、
AK-47は年齢性別国籍を問わず扱える殺傷道具である事を忘れてはならないのです。


擬人化という枠にとらわれてしまうと、人間が兵器という独立した存在に
すり寄ったように見えてしまう為、何かのきっかけでその本質である「殺生ありき」という点が
露見した途端、思わず身構えてしまうのは平和な現代人として致し方ないのですが、
兵器とは、そもそも能動的な殺生行為を原理にもつ人間を「擬人化」ならぬ
「擬物化」した存在なのです。
[PR]
by clan-aaa | 2013-11-29 18:00 | その他 | Comments(9)
読者の皆様へ
「小銃少女」管理人のIRAKAです。
臆面も無く戻ってきた非礼をどうかお許し下さい。


私の一連の行為については弁解の余地も無く、自身の非による不徳以外の何物でもありません。
画像の無断転載につきましてこの場を借りて改めて心からお詫び申し上げます。
誠に申し訳ありませんでした。


今日に至るまで、多くの方々から多くの手段で並々ならぬご支援、ご声援を賜りました事を
この場を借りて御礼申し上げますと共に、そうした方々の気持ちを裏切ってしまった事を
大変反省しております。
かけがえの無い皆様方の存在にただ甘えながらも、この場から距離を置き逃げ続けていた事も
深く恥じております。本当に申し訳ありませんでした。
私にとってこの3年間は幾度に渡る深い苦悩と葛藤で過ごした、
最も艱難した時期であった事は間違いありません。
臆病にも距離を置いていながら、ふとした機会に頭をよぎる存在こそ、
このブログであり、読者の皆様でした。


その皆様方へ今の私が出来る事は作品で答える事だと思いましたが、更新に先立ちましては
まず自身の非をお詫びする事が先と思い、このような記事を掲載させて頂きました。
重ねて誠に申し訳ありませんでした。全てが私の責任です。


今となっては全く筋の通らぬ話ですが、小銃少女は開始当初から2010年3月末を以って
閉鎖する事を決めていました。
一部読者の方々にはその旨をメールにてお伝えした事もありました。
これは私の一身上の都合によるものでしたが、ブログを辞める事で絵や漫画を描く行為そのものから
身を引こうと考えた結果だったのですが、自らが起こした不祥事の為にその最期を
全うな形で終える事が出来ず、また忙しさを言い訳に今日まで動きを起こす事が出来ずにいました。


絵を描く、また一つの作品製作に従事した方ならご理解頂けるかと思いますが、
創作物を作り上げる情熱と労力は言葉で言い表せぬものがあります。
たかが4コマ漫画ですが、私の中で2009年という年はそのほぼ全てを小銃少女に費やしていました。
これは本当に片手間では出来ない行為であり、逆に片手間で作り上げたものを発表する事は
大変失礼な事だと私は考えています。
副業として立派な創作活動をされておられる方も大勢いらっしゃいますが、
私には生憎そうした器用な事が出来ず、人一倍の時間と、作品に専念する環境が必要でした。
遅筆である事も大きな負い目です。
ですから小銃少女を続けられたのも、時間が余りある時分だからこそでした。


しかし、作品を送り出す中で本当に嬉しい誤算がありました。読者の皆様からの反応です。
結果として自身の不徳故に2010年3月には終える事が出来ず、
今日までに3年以上の月日が経ってしまいましたが、
その間に頂いた読者の皆様からの大変なご支援、ご声援の数は私の想像をはるかに上回る大きさでした。


今となっては再び以前のようなペースで作品を送り出す事は出来ません。
ペースを落としてでも更新する事も出来るのでしょうが、私はそれを妥協だと考えます。
私ごときにも創作活動に対するポリシーがあり、それが私自身を許さないのです。
ですがせめて、このような状況で3年以上の月日が経過してしまっても、
作品をちゃんとした形で終わらせたいという気持ちに変わりはありません。
その達成には、小銃少女に対する未練をきっぱりと手切れに出来る作品を
この場に作品を掲載する他ないと考えています。


その当該作品を掲載する前に、次回は前々回ご紹介した
M2ブローニングのヘッドスペースとタイミングに関する内容を掲載したいと考えております。
どうかもう暫く私のわがままにお付き合い頂ければ、幸いに存じます。


最後になりますが、一部過去記事につきましては内容の簡素化を目的として整理させて頂きました。
ご愛読頂きました読者の方々へ心から深く感謝致しますと共に、
何卒ご理解、ご了承下さいます様宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by clan-aaa | 2013-11-08 21:00 | その他 | Comments(15)
天王寺きつね「うぽって」


以前お話した「最近気になっている事」です。


私がそもそもこのブログを思いついたきっかけは、当時擬人化というジャンルが最盛期に達していて、
「そういえば銃の擬人化は無いよな」と安易に思いついたのが発端だったと記憶しています。


丁度就活も山場を迎えていた頃にエントリーシートを考える片手間で始めたものなので、
「学園モノの銃器擬人化」というコンセプト自体はいつか誰かがやるだろうなとは思っていました。
ただ、ストーリーや世界観、ネタそのものはさておき、擬人化をやる以上キャラクターのデザインだけは
しっかりしたものにしようと思っていたので、その点だけはすごく自信があると自負しています。


で、冒頭の動画のお話なのですが、天王寺きつね氏という商業漫画家の方が16年来の新作という事で
銃器擬人化学園漫画「うぽって」を連載されているようです。


作者公式サイト「きつねのお宿」


……気になるので、実際に「うぽって」、読んでみました。
やはりプロの方だけあって、銃器の描画やコマ割りは流石だと思います。
続き物をいきなり途中から読んだのでストーリーはよく把握出来ませんでしたが、
とてもプロらしい漫画だと感心してしまいました。
「学園モノ」「銃器擬人化」という点で「小銃少女」とは全く同じコンセプトなのですが、
「うぽって」はこちらとはまた別の切り口から銃器を描いているように感じました。


ただ、FALの擬人化名が小銃少女と同じ「ファル姉」だったのが不思議でした。
FALってそんなに姉属性なんでしょうか、機会があれば是非とも作者の方に聞いてみたい所です。


そんなわけで、ヤングエースにて連載中の「うぽって」、皆さんも是非ご覧になってみて下さい。
比較対照だけは勘弁して下さいね^^
[PR]
by clan-aaa | 2009-12-28 07:00 | その他 | Comments(24)