<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
五六式小銃 "不死身のドラゴン"
f0066308_15193069.gif

第5話の作中でコロちゃんが「ベトナムで~」とか
「ハノイで米軍に~」などと話すシーンがありました。

M14と56式(もといAK)、両者はほぼ時期を同じくして誕生した
アサルトライフルであり、激しく銃口を向け合った関係でもあります。
特にM14にとって、56式をはじめとしたAKファミリーは
自身を断頭台へと追いやった深い因縁があります。

f0066308_15322666.jpg
その舞台となったのがベトナム戦争であり、
M14にとって、AKファミリーの存在というのは
それはそれは色々と思うところがあるわけです。
そして、ベトナム戦争において中共が支援した北ベトナム軍の
主力装備の中には、大量の56式が存在していました。


ことベトナムのジャングル戦においては、
重厚長大なM14でサーチアンドデストロイに苦労する米軍に対して、
軽快なAKでヒットアンドアウェイを繰り返すベトコンがいかに有利な状況であったのかは
言うまでもありません。

f0066308_15323071.jpg
ところでこの56式、バヨネットが付いている不利は承知の上でも、
数あるAKファミリーの中で「一番重たいモデル」だと私は認識しています。


56式(中国) 4,150g
タブク(イラク) 3,995g
MPi-K(旧東独) 3,900g
RKm62(フィンランド) 3,900g
AK-47(旧ソ連) 3,840g
M70(旧ユーゴ) 3,700g
AIM(ルーマニア) 3,700g
AMD-63(ハンガリー) 3,125g


(ライフルグレネードランチャー付きの旧ユーゴ製M70B1が4.2kgぐらいあるんですが無視してあげて下さい)


銃というのは重くするのはカンタンですが軽くするのはとーっても大変です。
例えばM16ライフルはその当時、樹脂やアルミ合金といった
材質面の恩恵を受けた「軽さ」の面で革新的だと持てはやされていました。
ベースモデルのM16は3,000g、確かにこれよりも軽量なフルサイズのアサルトライフルはちょっと思いつきません。


これには相当苦労したのでしょう、M16設計者のユージンスートナーが晩年
「M16A2はひどいよね、あんな重い銃つくった覚えは無いんですけど。
どんだけ苦労してM16を軽くしたと思ってんだよ。」
と米軍によるM16への”改悪”をボヤいていた記事を見たことがあります。

f0066308_15373157.jpg
話がだいぶ逸れましたが、イラスト説明中で触れている
シートメタルのコンマ5ミリの厚みというのはかなり大きな差です。
しかもこれが強度に直結するわけではありません。
材料費にも悪く反映されるでしょう。
こうした金属加工技術の諸条件も重量増加につながっているものと思われます。

f0066308_15213096.jpg
あ、あと最後にどーでもいい話ですが、
コロちゃんにはブルース・リー主演「燃えよドラゴン」の影響がちょっとあります。
義手っぽいとことか、ほっぺの切り傷とか。
さすがに「アタァ!!」とは叫ばないですけど。
「あ゛だぁ゛ぁぁぁ!!!」とは叫んでましたね。

f0066308_15212498.jpg
おまけ。初期の案。
最初はもっとギャルっぽい感じで考えていました。

[PR]
by clan-aaa | 2014-06-11 17:00 | 「小銃少女」 | Comments(2)
"OPERATION GUN GIRL" 第5話 「不死身のドラゴン」

大変長らくお待たせしました。。。
本当に申し訳ございません。
「年度内には全部掲載できると思います、ハハ!」などと供述していたペテン野郎には
本気の肩パン一発お見舞いして下さい。


ちょっと間が開いたので、これまでのあらすじを。。


小銃少女の元に突然やってきたFBI捜査官。
彼らは殺人事件の容疑者として小銃少女を逮捕、取調べを行うが
その最中に何者かによって学園が襲撃され、りよ(六四式小銃)とミニー(MINIMI)が拉致される。
全ては何者かがこの機会を窺うために張り巡らせた、巧妙な罠だったのだ。


小銃少女を容疑者として貶め、襲撃を企てた黒幕として、
普段から学園に出入りしていたとある中華料理店の存在が浮上する。
その名は「北方飯店」―FBIの捜査情報とこれまでの一連の事件が
ようやく一本の線でつながったのだった。


りよとミニーを奪還すべく北方飯店へ乗り込む小銃少女達。
彼女達が目にしたのは、小銃少女の関与なしには製造不可能なほど精巧な
コピーライフルの数々だった。
次第に明らかとなる黒幕の目的と小銃少女の秘密。
そこには、「コアブレット」と呼ばれる謎の記録媒体が存在があった……

f0066308_11180101.gif
f0066308_11180192.gif
f0066308_11181937.gif
f0066308_11181951.gif
f0066308_11181933.gif
f0066308_11181940.gif
f0066308_11182098.gif
f0066308_11182048.gif
f0066308_11183170.gif
f0066308_11183178.gif
f0066308_11183233.gif
f0066308_11183213.gif



五六式でコロちゃんて安直過ぎるやろ…
…あ!全員同じような感じやった!(笑
なんかこうギャップがすごいというか、ちょっとお気に入りなネーミングです。



今頃になって改めて気付いたんですが銃がいっぱい出る戦闘シーンって
描くのに尋常じゃないくらい時間掛かるんですよね。
やっぱもっとアホっぽくてサザヱさんみたいにほんわかした内容の方が
性に合ってる気がします。
あ!あとですね、「黒い服」ってどうやって描いたらいいの?(笑
みんなどうしてるんだろ。ベタ塗りで潰す?ぺた~んってなるしなー。
今回自分で描いておきながら何ですけど、試行錯誤感がハンパやないですね。
ちょー恥ずかしい!



さ、次回掲載に向けて予防線張りまくった所で今回はこの辺で。
ホント頑張って描き上げます!!!
お待たせしてごめんなさい!!!

[PR]
by clan-aaa | 2014-06-10 12:00 | 「小銃少女」 | Comments(8)