<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
最後に ―読者の皆様へ
ブログの最後に何を書こうかなと色々考えたのですが、
私がここに戻ってきた経緯を含めたろくなオチも無い身の丈話となりますので
何卒よろしくお願いします。


【銃と現実】


私のペンネーム「IRAKA」は、井上靖の歴史小説「天平の甍(いらか)」から拝借させて頂いたものです。
同作は、唐の高僧である鑑真を来日させるべく、奈良の修行僧達が奮闘する姿を描いた
歴史小説なのですが、私はその内容を通じて「人生の使い方」にいたく感銘を受けた記憶があります。


この作品を読んだ当時、私は勉強も出来なければ運動もまるで苦手な出来損ないの学生でしたが、
そんな劣等感を忘れる事が出来る唯一の時間が、大好きな銃器の世界に没頭することでした。

f0066308_19133395.jpg



これは私が小学生の頃にガチャポンで当てた、キャップ火薬を入れてパンパン鳴らすおもちゃです。
当時のガチャポンなんて表の広告にある当たりなんてものは入っているかどうかすら
怪しいくらいデタラメな中身でしたが、どういうわけか一回で当たったのです。
記憶している限り、私が銃に興味を抱くきっかけとなった原初体験でした。


f0066308_01462433.jpg


これが当たった瞬間とか、初めて火薬をつめて鳴らしたときの恍惚ですとか、今でも鮮明に覚えています。
あのときこれが当たってなければ、こんなブログは書いていなかったかもしれないと思うくらい、
私にとってこの鉄屑は人生を変えた宝物です。


ですが銃を好きになればなるほど、あるひとつの現実に直面します。
それは日本という国において、自分の理想とする形で銃器に直接携わる事が極めて困難であるという事。
受動的に消費する形でしか、銃器の世界に留まる事ができないという事。
そしてとうとう、その現実と戦わなければならない、
大学の就職活動の時期を迎えます。


【「小銃少女」と自暴自棄】


f0066308_15143697.jpg


何とか銃器に関わる仕事に就けないかと、色々と自分なりに行動した結果、
この国では数少ない、銃器製造を行う某社の面接にこぎつけたのですが、
その面接が行われる直前になって、同社から同年度の新卒採用は見送るとの連絡が
届きました。丁度リーマンショックの翌年の出来事でした。




f0066308_01491213.jpg


なんというか、なんじゃそりゃ!みたいな呆気にとられてしまいました。
リーマンショックを恨む訳ではありませんが、あと一年早かったら
違った人生になっていたのかもと思うと、何だか自暴自棄になってしまったのです。
「夢見てるご時勢じゃないな」と気持ちを入れ替え、その後何とか商社の内定を得たものの、
やりきれない気持ちのやり場を、卒業までに何とか発散しようと選んだ方法が、
小銃少女という作品を描く事でした。

f0066308_19112654.jpg
(↑一番最初に描いた二人)

ですから本当に、社会人になるまでの時限付で辞めようと、
そう心に決めてから更新を始めました。
それからの事は皆様もご承知の通り、私の無断転載が元となり、
更新を身勝手にも止めてしまいました。


私はあのときどうすればよいのかわからなくなっていました。
ブログを更新困難な状況にしてしまい、
銃器と携わる仕事に就くことも出来ずにいたあのときの私に
次の一歩を踏み出す余裕は無かった様に思います。
こうして社会人になった後も、自分へ言い訳をしながらブログから目を背けていたのですが、
予想だにできないある出来事が私の視線を変化させました。


【気づかなかった、ふたつの存在】

f0066308_01433269.jpg


それは私が気づいていなかった、読者の皆様でした。
それまで作品を発信し続けていた中でも気づく事ができなかった、
本当にたくさんの方々の存在、そしてそうした方々から頂いた
たくさんのご意見、お叱り、ご声援こそ、先日完結させた103ページの原動力に他なりません。



f0066308_01524687.jpg


そして、もしかすると私のやりたかった、なりたかった、
銃器に携わる「理想的な形」というのは、
意外にもすぐそこに存在するのではないかと考えるようになりました。
ですが私は以前からもぼやいているように、本当に遅筆です。
仕事の傍ら創作活動に勤しんでおられる方は大勢いらっしゃいますが、
私にそのような器用な真似は出来ませんでした。



f0066308_01433260.jpg


しかし、今の生活を全て投げ出す勇気は、そう簡単に起きるものではありません。
サラリーマンは私が思っていたよりも、ずっと快適で、何よりも磐石です。
不本意な就職とはいえ、私にはその仕事内容、待遇、人間関係において
幸運にも何ら不満はありませんでした。



f0066308_01433221.jpg


このまま惰性に身を任せて、目を背け続ける感覚が無意識になるのを選ぶのか。
今の生活と引き換えに、もう一度ペンを握るのか、
どちらかを選ぶ事ができる思考判断も、そうそう長く維持することは出来なくなるでしょう。
入社以来そうした自問自答を繰り返すこと3年目、私は自らの意思で決断を下します。


【全てと引き換えに】


入社から3年目の春、私は会社を退職しました。
全てはもう一度ペンを握って、あの日から今日に至るまで、
私を支援して下さった皆さんに対して真っ直ぐ目を合わせられるように、
そして何よりも、世間や境遇に言い訳ができないよう、
自分の人生の使い方を本当に自分の意思で決断した結果です。



f0066308_01433210.jpg


しかし、このような行動は自分を適当に言いくるめて社会から逃げてきただけであって、
傍から見れば、もっと他にやり方はあったのでしょうし、あまりにも早計で、世間知らずで、
甘えた自意識が愚かしく目に余ると思います。

それでも未完のままで放置してしまった小銃少女から逃げ出すほうが、
私には耐えられませんし、今まで応援して下さった方が喜んで頂けるのであれば
このまま野垂れ死んでも何の後悔もありません。


f0066308_14473826.jpg


なんだか重たい話になっちゃいましたが、
60億人もいる地球の中に、一人くらいこんなバカがいても良いんじゃないの?
くらいのかるーい話で受け止めていただければ幸いです。


【「衣・食・銃」あっての人生】


それで、先日の更新の最後に、「小銃少女は”一旦”幕引き」とさせて頂いたのですが、
これは私の中で、もっとちゃんとした体を成した媒体において、パワーアップさせて
是非皆さんの目に届くような存在にしたいなという願望がある為に、
このような曖昧な表現をさせて頂きました。


f0066308_01431950.jpg


これは小銃少女という作品にこだわることなく、
また様々な舞台やテーマをもって、私の考える銃器の世界を
広げる事を第一に、今後努力を続けていきたいという意思の表れでもあります。
とはいえそれがいつになるのか、どこでやるのかなんて全然見当すら付けられない現状なのですが、
またお目にかかる機会があれば、どうかその時は是非ともご贔屓にして頂ければ嬉しく思います。


ブログの更新は今回が最後となります。
もし何かご意見等ございましたらコメント欄でも結構ですが、
メールだと確実に届くと思います。


重ねて、古くは8年前から今日に至るまでの長きに渡り、
多くの読者の皆様からご支援・ご声援を賜りましたことを深く御礼申し上げます。
天平の甍の如く、人生の使い方を私に考えさせるきっかけをつくって下さった
皆様からのご恩は絶対に忘れません。
何年かかるかわかりませんが、一生懸命頑張ります。
皆さんも、どうかお元気で。




f0066308_14352730.jpg

[PR]
by clan-aaa | 2014-12-17 21:00 | その他 | Comments(12)
"OPERATION GUN GIRL" 最終話 「小銃少女作戦」

大変長らくお待たせ致しました。
結局1年かかってしまいました。
大変申し訳ございません。。。

f0066308_17425821.gif
f0066308_17425894.gif
f0066308_17425868.gif
f0066308_17425981.gif
f0066308_17425901.gif

f0066308_17425946.gif
f0066308_17430014.gif
f0066308_17430077.gif
f0066308_17430006.gif
f0066308_17430051.gif
f0066308_17502766.gif
f0066308_17502797.gif
f0066308_17502835.gif
f0066308_17502513.gif
f0066308_17502537.gif
f0066308_17502526.gif
f0066308_18135254.gif
f0066308_17525453.gif
f0066308_17525594.gif
f0066308_17525747.gif
f0066308_17525585.gif
f0066308_17525875.gif
f0066308_17525885.gif
f0066308_17525924.gif


私は筆が遅く、4コマを掲載していた頃は週に2本のペースが一杯いっぱいだったのですが、
本作は全103ページのフルサイズを約1年で描き上げたことを考えると
人間気合で何とかなるというのがよく実感できます。

「おわり」としております通り、小銃少女は今作をもって一旦幕引きとさせて頂きます。
ブランクの3年間を含め、連載を開始した2009年から足掛け5年間の長きに渡り
読者の皆様から大変なご支援を賜りましたことを、まずは深く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

次回、私がこの作品を書き上げるに至った経緯等々を含め
ブログとしては最期の更新をさせて頂こうかと思っております。
寒さ深まる年の瀬、お待たせしてしまった分じっくりとご覧頂ければ幸いです。

[PR]
by clan-aaa | 2014-12-12 18:41 | 「小銃少女」 | Comments(3)